Category : 色んな世界のモテ男から学ぶ恋愛術

花火大会で分かるモテ男

大好きなパートナーと一緒に花火大会に出かけるとき、どんな風に彼女をエスコートしたら喜んでくれるのかと考える時間も、なぜだか幸せを感じられますよね。 今回お話したいのは、実際にモテる男性が実践している花火大会での行動です。とにかく先手必勝。女性をエスコートするってこういうことなんだ、と改めて痛感することでしょう。

浴衣で楽しみたい

せっかくの花火大会。浴衣姿で出かけたいですよね。花火大会だからこそ浴衣姿が映えて、女性は女性らしく、男性は男性らしく見えるものです。 どんな浴衣を着て行くか当日まで内緒にして、お互いをビックリさせたいというサプライズも花火大会の醍醐味ではないでしょうか。

もちろん女性の浴衣姿は最大級に褒めて

モテ男代表のイタリア人男性なら女性の浴衣姿を見たら褒めて、褒めて、褒めまくるはずです。やり過ぎはドン引きされてしまうかもしれませんが、一言も褒めないなんて絶対に駄目です。

日本人男性はすぐに照れてしまいますが、花火大会は夜ですよね。暗がりなら表情がよく見えないので照れ隠しができるのでは? 女性は大好きな男性から褒められるたびに、どんどんきれいになっていくものです。

案外役立つ消毒液と絆創膏

普段浴衣を着る機会はあまりないですよね。そこで問題なのが下駄です。普段から履いていれば問題ないものの、多くの女性は下駄を履きなれていません。そのため、鼻緒の部分で足を痛めてしまうことが多いのです。

時々「足だいじょうぶ?」と声をかけてあげてください。そして痛めているようなら消毒液と絆創膏をさっと差し出してあげましょう。近くに腰を下ろせるような場所を探して彼女を座らせて、男性がさっと手当てをしてあげるのもいいですね。

当たり前だけど花火がよく見える場所を確保

人がごった返して落ち着いて花火を見ることができなかったということを体験する人は多いでしょう。会場の近くで真下から花火を見上げるのももちろん壮大でいいのですが、二人で静かな時間を過ごしたいなら、ちょっと距離があってもゆったりと花火を見ることができる場所を探してもいいですね。

花火会場というわけではないものの、二人だけの秘密の場所から花火を見上げるなんて、ロマンチックですよね。しっかりと手つなぎデートで心と体の距離を縮めましょう。

モテ男の石田純一さんの経験談

俳優の石田純一さん。トレンディドラマでも大活躍したモテ男代表ですが、女性を花火大会に誘うとき、必ず会場のどこにトイレがあるのか事前チェックするのだとか。女性はトイレが近いですし、花火会場のごった返した場所で、トイレが探せなくて困ってしまったのではせっかくのデートが台無しです。女性を困らせないための最低限のエチケットだ、と石田さんは話しています。さすがモテ男ですね。

ここまでのお話を聞いていかがでしたか? 面倒だと思ったのであればモテ男への道はまだまだ遠いでしょう。女性からモテるためには、努力は必要不可欠です。モテる男はみんな少なからず努力をしています。なにもしないでモテているように見えても、見えないところで女性を喜ばせるための努力を惜しんでいないのです。

Recommend