Category : 短い時間で女を見抜く会話のコツ

「ともだちのこと」から女の地を探るコツとは?

女性は自分を良く見せるためにウソをつきます。ホストに客の女性がする話の3割から7割がウソ。これは、「異常に高い」わけではありません。日常生活の中でも、例えば合コンの場では、女性が自分自身について語る話の半分前後はウソです。本人に「ウソをついている」という自覚があることもあれば、ないこともありますが、男性に対して女性が知らず知らずのうちに「かっこつける」のは仕方のないことでしょう。

大切なことは、本当はどんな人なのかは「自分では語らない」ということを理解した上で、どうやって早く相手の本質を見抜くのか、ということです。そのためには、友達から聞き出すのが一番です。

「何が好き?」と直接聞いてもホンネかどうかはわからない

「映画が好き」と言う女性も、実は、普段はテレビで映画を観ているだけで、実際に映画館に通うのは年に1度くらいしかない。本当は出不精で面倒くさがりなのに、「映画が好き」と言ってしまうなどということがあります。テレビではよく観ていることは事実なのでウソではありませんが、あえて「誤解させる」表現を使います。

聞き手の側は「映画館に行くのが好き」と理解して、「映画に行こう」とデートに誘う。男は、「君の大好きな映画だよ」と思っているのに、女の方は「面倒くさいな」と感じているという行き違いが生じてしまいます。実は、彼の部屋でDVDでも観る方が好きだったりすることもあります。

「友達」を知れば、その本人のことを理解できる

どんな人なのかを本人に直接聞いても、本当のことを言うとは限りません。「どこに住んでいるの?」と尋ねて、「成城学園」と言われれば、「良いところに住んでいるんだな」と思えます。しかし、実は「成城学園駅からバスで20分行った狛江市」だったりすることもあります。「食べ物は何が好き?」と尋ねて「イタリアン」と答えられたら、「イタリア料理好き」と思えますが、実は無類の麺類好きで「スパゲティ」を始め、うどんやラーメンが好きなのかもしれません。

その人がどんな人物なのかを知るには、友達を使うのが手っ取り早いです。「どんな友達がいるの?」と尋ねれば、友達についてはありのままのことを語ります。ウソをついて飾る必要がないからです。友達がわかれば、その人自身の「地」がどんなものなのかだいたい推測することができます。次に、「友達」に近づいて、彼女がどんな人なのかを尋ねれば、彼女の本質を知ることができます。

興味のある女性のことを早く理解したければ、友達を活用することです。合コンなども、「どんな友達がいるの?」と仲の良い人たちのことを聞けば本人のキャラクターを推測できますし、周囲の人に「彼女はどんな人?」と聞けば、彼女の本質を知ることができます。

Recommend